進化し続ける4DXの魅力をレポート!
4DXニュースまとめ

現在、全国の劇場に広がっている体感型の上映設備“4DX”。近年は4DXで観られる作品数も増えており、映画を観る際のひとつの選択肢として定着しつつある。作品ごとに新たな試みも行われ、進化し続ける4DXの魅力をお伝えします!

改めておさらい! “4DX”って何?

4DXは、映画のシーンに合わせて椅子が動き、振動し、風が吹きつけ、雨が降るなど、さまざまな効果を駆使して、客席をまるで映画の世界のように変えてしまう体感型の映画上映のこと。テーマパークのアトラクションのように思われがちだが、ビックリ箱みたいにギミックで驚かせるよりも、空気の動きなどを通じて観客がそのシーンの中の空間にいるように感じさせる演出が得意で、作品やそのシーンについて新しい発見に出会うことも多い。他にも体感型上映のフォーマットはいくつか存在するが、こと客席全体の空気を操る“風の表現”は他の追随を許さず、最近は4DXファン待望だった“熱風”にも対応!

TEXT:村山章

グランドシネマサンシャインに、日本初上陸の体感型シアター“4DX with ScreenX”が開設

佐々木興業株式会社(本社:東京都豊島区、社長:佐々木伸一)と東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)が協力して進めている、キュープラザ池袋内に出店されるシネマコンプレックス・グランドシネマサンシャイン。このグランドシネマサンシャインに、日本初となる体感型シアター“4DX with ScreenX”が開設されることが決定した。

…続きを読む

“感情”と“強大なパワー”を表現! 4DX版『キャプテン・マーベル』のこだわりとは

ついにマーベル・シネマティック・ユニバース初の女性ヒーロー主演作『キャプテン・マーベル』が公開された。キャプテン・マーベルは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストでニック・フューリーがSOS信号を送った相手として注目を集めていたが、ふたを開けてみれば、マーベル史上でも最強のパワーを持つ女性ヒーローを、オスカー女優ブリー・ラーソンが男性層に一切媚びることなく演じており、ヒーロー史に新たな一ページを開いてみせた。

…続きを読む

『キャプテン・マーベル』主演俳優らが4DXへの期待を語る特別動画公開

マーベル史上初となる、女性ヒーローが単独で主役になる新作映画『キャプテン・マーベル』の、体感型プレミアムシアターで上映される“4DX”版が、通常版と同じく3月15日(金)から公開となる。この度、そんな『キャプテン・マーベル』に出演する、ブリー・ラーソンとジェンマ・チャンが、4DXへの期待を語るコメントが公開された。

…続きを読む

観客もチームの一員に! 世界各国で大好評の4DX版『スパイダーマン:スパイダーバース』

先のアカデミー賞で長編アニメーション賞に輝いた『スパイダーマン:スパイダーバース』。おなじみのヒーロー、スパイダーマンが何人も登場してチームを組むという奇想天外なコンセプトを、革新的なビジュアルとハートフルなストーリーで魅せる傑作だ。日本でも劇場公開が始まったばかりだが、先行して公開されたイギリス、フランス、北米、韓国など世界各国では4DX版が大好評を博しているという。

…続きを読む

主人公目線で大爆走! 4DX版『アリータ』で体験すべき「モーターボール」

『アバター』『ターミネーター』のジェームズ・キャメロン監督の宿願であり、ロバート・ロドリゲスを監督に迎えてついに実現したのが、日本のコミック『銃夢』を映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』。26世紀の未来を舞台に、記憶を失くしたサイボーグ少女の恋と闘いを描いたSFアクション超大作である。

…続きを読む

映画館が海底世界に! 4DX版『アクアマン』は前代未聞の映画体験

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』から『ボヘミアン・ラプソディ』まで、ジャンルを超えて映画を“体感”させてくれる4DXシアターが定着しつつある中、4DX効果をこれでもかとアピールするのがDCヒーロー超大作『アクアマン』だ。

…続きを読む

4DXも好調! 『ファンタビ』最新作“魔法ワールド”体験レポート

先週23日に公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が大ヒットスタートを切ったが、4DX上映も興行収入1億円超という前作を上回る成績で好調だ。

…続きを読む

監督・キャストが4DXについて語る 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』インタビュー映像公開

『ジュラシック』シリーズ最新作にして、前作のパーク崩壊から3年後を描いた『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。この度、4DXでも上映される本作の、“4DX上映イチオシ!特別インタビュー映像”が公開された。

…続きを読む

“シュワちゃん”専属声優・玄田哲章が、『ターミネーター2 3D』4DXを体験

アーノルド・シュワルツェネッガーの人気を不動のものにした、ジェームズ・キャメロン監督作『ターミネーター2』が、最先端の3D技術で『ターミネーター2 3D』としてよみがえり、8月に全国公開された。異例の大ヒットを受け、4DX版として11月18日(土)に公開される本作を、一足先に体験した“シュワちゃん”声優の玄田哲章よりコメントが寄せられた。

…続きを読む

強風と激しい振動、最高レベルの臨場感! 『ターミネーター2』4DX上映決定

『タイタニック』『アバタ―』のジェームズ・キャメロン監督の代表作であり、アーノルド・シュワルツェネッガーの人気を不動のものにした1991年公開の映画『ターミネーター2』。今年、最先端の技術で生まれ変わった『ターミネーター2 3D』として全国公開されたが、4DXバージョンとして更にパワーアップ。11月18日(土)より世界初公開されることが決定した。

…続きを読む

4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?

『呪怨』シリーズを生み出したホラーの名匠であり、ハリウッドでも活躍する清水崇監督が新作『雨女』を“4DX専用映画”として発表。椅子が動き、風が吹き、水が降ってくるなどさまざまな効果を駆使した4Dに初挑戦したこだわりを語った。

…続きを読む

『雨女』主演の清野菜名、4DX初体験でびしょ濡れ「雨が降りまくりですね」

体感型上映システム・4DX専用に製作されたホラー映画『雨女』の完成披露試写会が5月26日(木)、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、主演の清野菜名とメガホンをとった清水崇監督(『呪怨』シリーズ)が出席した。清野は来場者と一緒に映画を鑑賞し、4DXを初体験。水が降り注ぐエフェクトでびしょ濡れになり、「雨が降りまくりですね」とご機嫌だった。

…続きを読む

若手女優たちが恐怖の4DX体験でリアルすぎる臨場感をアピール!

Jホラーの鬼才、白石晃士監督が手掛ける日本初の4DX専用映画『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!!~』の1月16日公開を前に、最速プレミア試写会がユナイテッド・シネマとしまえんで行われ、岡本夏美、渡辺恵伶奈、松本妃代が舞台あいさつに登壇した。

…続きを読む

『アップルシード アルファ』現役グラドル4DX大連動体感スペシャル動画が到着!

革新的映像世界で国内外に衝撃を与えた『アップルシード』待望の最新作『アップルシード アルファ』の4DX版での上映が決定し、“あっ!プルプルシート”コンシェルジュこと、本シリーズの大ファンと語る現役グラドルの中原未來が、前後左右に揺れ動く4DXスペシャル映像を体験!その模様が収録されたスペシャル動画が届いた。

…続きを読む