いま、最高の一本に出会える

あの映画の“核心”に迫る!
話題作のキャスト・スタッフに直撃!

インタビュー記事まとめ

未解決事件をモチーフに“感情のアクション”を描く。小栗旬、星野源出演の『罪の声』監督が語る

塩田武士のベストセラー小説を、小栗旬、星野源らをキャストに迎えて映画化した『罪の声』が間もなく公開になる。本作は35年前に起こった未解決事件の真相を追うふたりの男と、当時の事件に直接的/間接的に関わった人々の人生を描いた作品だが、土井裕泰監督は単なる犯人探しに終わるのではなく、主人公ふたりの気持ちが重なり合っていくプロセスやドラマを重層的に描きたかったと語る。

…続きを読む

多部未華子×青山真治「もっと女性たちは自分の好きに生きていい」

ごく普通に生きているように見える人も、みんな何かしら悩みや痛みを抱えている。そんな息苦しい時代へ送る静かなエールのような映画が誕生した。それが、10月23日(金)公開の映画『空に住む』だ。

…続きを読む

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー「話の展開がわかっていても感動する作品に」

家族を鬼に殺され、鬼となってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、鬼を討伐するための組織“鬼殺隊”へ入隊し、戦いに身を投じていく竈門炭治郎の活躍を描いた『鬼滅の刃』。もはやそんな説明は不要なほど、子供から大人まで幅広い支持を集めている本作。

…続きを読む

超豪華ラインナップ! ディレクターが語る「東京フィルメックス2020」の注目ポイント

毎秋に開催される映画ファン恒例の映画祭「東京フィルメックス」が今年も10月30日(金)に開幕する。例年、フィルメックスは11月下旬に開催されてきたが、今年は会期を変更。様々な変化があるが、上映作品はこれまで以上に多様で豪華なラインナップになった。今年のフィルメックスはどう変化するのか? これからどうなっていくのか? 市山尚三ディレクターに話を聞いた。

…続きを読む

『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー「たとえひとりだけにでも、明日を頑張る力を届けられたら」

深田恭子が主演を務める人気ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の続編が10月15日(木)よりスタートする。

…続きを読む

岡田健史ロングインタビュー「今の自分に“望む”こと」【映画『望み』】

愛する息子は、殺人犯か、被害者か、それともーー。

…続きを読む

佐藤大樹×佐藤流司、息ピッタリの初共演『小説の神様』を語る

繊細で不器用な売れない高校生作家と、秘密を抱えたドSの美少女作家がふたりで協力をしてベストセラーを生み出そうとする青春映画『小説の神様 君としか描けない物語』。主人公の作家・千谷一也を演じた佐藤大樹と、文芸部の部長・九ノ里正樹を演じた佐藤流司は本作が初共演。部室でのシーンを初めて撮った日に監督が驚くほど、すでに部活の仲間としての雰囲気が出ていたのだという。

…続きを読む

『LOVE STAGE!!』杉山真宏・和合真一「愛のカタチはどうであれ、出会い方一つで人の 感情は変わっていくんです」

若い世代からの圧倒的な支持を受けるBL漫画『LOVE STAGE!!』(原作・影木栄貴/作画・蔵王大志)がついに映画化される。超有名芸能一家に生まれた主人公・瀬名泉水 役には舞台『弱虫ペダル』の真波山岳で人気の杉山真宏、泉水に恋するもうひとりの主人公・一条龍馬 役にはミュージカル『刀剣乱舞』で明石国行を演じた仲田博喜が出演。そして芸能プロダクション“瀬名プロ”の敏腕マネージャー相楽玲 役を『黒子のバスケ』『おそ松さん』など話題作に出演している和合真一が演じた。ここでは、プライベートでも仲が良い、杉山と和合の2ショットインタビューをお届けする。

…続きを読む

杉山真宏・仲田博喜がBL作品に初挑戦!「それぞれのシーンにしかないキスのカタチを感じてもらえたら」

若い世代からの圧倒的な支持を受けるBL漫画『LOVE STAGE!!』(原作・影木栄貴/作画・蔵王大志)がついに映画化されます。超有名芸能一家に生まれた主人公・瀬名泉水 役には舞台『弱虫ペダル』の真波山岳で人気の杉山真宏、泉水に恋するもう一人の主人公・一条龍馬 役にはミュージカル『刀剣乱舞』で明石国行を演じた仲田博喜が出演。初めてのBL作品に挑むおふたりに、作品に懸ける思いをお聞きしました。

…続きを読む

『思い、思われ、ふり、ふられ』原作者・咲坂伊緒 インタビュー 「時代が変わっても変わらない、普遍的な女の子の気持ち」

『ストロボ・エッジ』、『アオハライド』に続く、「咲坂伊緒 青春三部作」の最終章、『思い、思われ、ふり、ふられ』。先んじて公開されていた実写映画に続いて、アニメによる映画も公開される。

…続きを読む

大島渚賞に輝いた小田香監督、新作『セノーテ』では神秘の泉の世界へ

『サタンタンゴ』などで知られるハンガリーの巨匠、タル・べーラ監督が後進育成のため設立した映画学校「film.factory」で学び、卒業制作として作られた初長編映画『鉱 ARAGANE』が世界各国で高い評価を受けた小田香監督。その長編デビュー作では鉱山の地下奥深くへと分け入った小田監督だが、新作『セノーテ』では一転、水中へとカメラを向けている。

…続きを読む

ヴェネチアで銀獅子賞を受賞! 時の人となった黒沢清監督が語るスペシャルな映画監督10人とは?

去る9月13日(日)(現地12日)、第77回ヴェネチア国際映画祭の授賞式が行われ、コンペティション部門で『スパイの妻』の黒沢清監督が銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した。これは第60回に『座頭市』で北野武監督が受賞して以来、日本人としては17年ぶりの快挙となる。

…続きを読む

“俳優・大倉忠義”の魅力はどこにある? 行定勲監督が語る

俳優の大倉忠義が映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で主人公の恭一を演じている。劇中の恭一は、流されやすく、自分を好きになってくれる相手と恋愛する受け身の男性だ。しかし、彼は大学の後輩だった今ヶ瀬(成田凌)に再会。彼に告白され、そのまっすぐな想いに翻弄されていく。しかし、本作の監督を務めた行定勲は「恭一は振り回される役なんだけど、ふたりの演技を決定づけているのは大倉忠義だと思う」と語る。

…続きを読む

島崎信長×北村匠海「理央を演じる上で大切にしたのは不器用さ」

人気漫画家・咲坂伊緒の傑作コミック『思い、思われ、ふり、ふられ』がアニメーション×実写のW映画化を果たす。本作は、『ストロボ・エッジ』『アオハライド』に続く咲坂伊緒の青春三部作最終章。同じマンションで暮らす4人の高校生の恋と青春を切なく瑞々しく描いていく。

…続きを読む

今週末配信開始! 三谷幸喜×香取慎吾『誰かが、見ている』インタビュー

“ゴールデンコンビ”がまた新たな一歩を踏み出した。

…続きを読む

神谷浩史が作品愛を語る「胸を張って兼人さんが作ったキャラクターを引き継いでいきたい」

国民的人気アニメシリーズ『クレヨンしんちゃん』、劇場版の第28弾『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、9月11日に待望の全国公開を迎える。子どもたちのラクガキをエネルギーにする王国「ラクガキングダム」の危機に巻き込まれてしまった春日部。「勇者」に選ばれたしんちゃんは、ラクガキングダムの王族と勇者だけが使うことのできる、ミラクルクレヨンで生み出した2日目のブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもんの3人のラクガキたちとともに、春日部を救うための冒険が始まった。

…続きを読む

伊藤健太郎「人と人とのつながりの大切さ」 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』インタビュー

今、もっとも旬な女優とも言える清原果耶を主人公に、中学生の少女と、偶然出会ったおばあさんとの奇妙な交流から少女の成長を描く、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』が9月4日より公開となっている。

…続きを読む

何度も観たくなる映画を目指したい。岩井俊二監督が語る新作『チィファの手紙』

岩井俊二監督の新作映画『チィファの手紙』が公開になる。本作は岩井監督が中国で手がけた新作映画で、今年1月に公開された『ラストレター』と同じ原作を基にしている。これまでもひとつの作品を小説や連続シリーズ、映画など様々な分野で描いてきた岩井監督は、ふたつの作品をどう捉えているのだろうか?

…続きを読む

山田裕貴がアニメ声優初挑戦 「大人が観ても心を動かされる映画」

国民的人気アニメシリーズ『クレヨンしんちゃん』の、劇場版第28弾『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』で、俳優の山田裕貴は防衛大臣役を演じる。

…続きを読む

監督と考える。映画『人数の町』が描く世界は本当にディストピアなのか?

中村倫也が主演を務める映画『人数の町』が公開されている。本作は日本のどこかにある架空の町に集う人々を描いたミステリアスな作品で、脱出できない町の設定から本作をディストピアや“閉ざされた空間”を描いた作品だと思う人もいるかもしれない。

…続きを読む