Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

井田大介「着られた指」

19/11/15(金)~19/12/14(土)

TEZUKAYAMA GALLERY

井田大介は、2015年に東京藝術大学大学院美術研究科を修了した後、翌年にMADアーティストプラクティスを修了。現在は東京を拠点に活動。
貧富格差の増大、過度な生産性重視と人間性の排除、固有の精神文化の崩壊…。近代化・グローバル化が進行する中で、様々な弊害が滲み出てきている。井田は、現代社会における具体的な事象を解体・再構築しながら、上記のような社会システムの歪みやジレンマをテーマに、彫刻や映像というメディアで作品を制作してきた。
井田はこの半年間、マネキンについて取材と撮影を重ねてきた。その中で、写真の発明を契機に、ギリシャ彫刻以来人間が抱いてきた理想の身体が失われ、それに代わってマネキンが理想の身体を世俗的に表してきたのではないかという考えに至ったという。
本展では、インターネット以降の地域産業などと、近代マネキンの歴史を緩やかに交差させながら、欠損した古代彫刻と各時代の象徴的なマネキンなどを組み合わせた彫刻 や写真で構成。インターネット以降の彫刻表現を実践してきた井田が、近代化に伴い輸入された「彫刻」に新たな視点を与える試みに注目してほしい。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00、日曜日・月曜日・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む