Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち

20/1/7(火)~20/3/29(日)

弥生美術館

歌川豊春から始まる浮世絵界最大の派閥を「歌川派」という。豊春から豊国へ、そして国芳から芳年へと枝分かれし、さらに年方→清方→深水へと続く華やかな系譜がよく知られている。
しかし、この他にも優れた歌川派の系譜が存在するのだ!
それが年英→英朋→朋世の系譜。明治・大正・昭和の時代にそれぞれ活躍し、絶大な人気を得た彼らの類まれなる才能は、このまま忘れ去られるにはあまりに惜しいものがある。
市井の人々の支持を得て町絵師として生きた国芳や芳年の気骨は、むしろ、年英、英朋、朋世にこそ、脈々と受け継がれていったと言えるだろう。
浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承しているという誇りを胸に掲げ、挿絵の世界で大きく羽ばたきながらも、時の流れに埋もれてしまった絵師たち。知られざる「もうひとつの歌川派」が今、鮮やかに甦る。
また、本展では、生誕140年を迎える鰭崎英朋(ひれざき・えいほう)の幻の日本画「焼あと」(明治38年烏合会出品作)も初公開する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(ただし、1/13、2/24(月祝)開館、1/14、2/25(火)休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般900円、大・高生800円、中・小生400円

※竹久夢二美術館もご覧いただけます
※ 団体20名様以上、100円割引になります

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む