Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

令和元年10月邦楽公演『浮世絵の音風景』

19/10/4(金)~19/10/5(土)

国立劇場 小劇場

『東海道五拾三次』をテーマに、宿場や街道筋に取材した作品を特集し、浮世絵と邦楽の魅力が味わえる公演。1日目は長唄『吾妻八景(あずまはっけい)』、錦琵琶『時雨曽我(しぐれそが)』、常磐津節『其儘旅路の嫁入(そのままたびじのよめいり)』など。2日目は中節『柳の前道行(やなぎのまえみちゆき)』、内節『道中膝栗毛(どうちゅうひざくりげ)』、端唄『桑名の殿さん(くわなのとのさん)』などを上演する。

演目

【10/4(金)18:00】
長唄『吾妻八景』
錦琵琶『時雨曽我』
常磐津節『其儘旅路の嫁入』
謡曲『羽衣』
義太夫節『生写朝顔話』

【10/5(土)13:00】
一中節『柳の前道行』
新内節『道中膝栗毛』
端唄『桑名の殿さん』ほか
地歌『三吉』
箏曲『熊野』

上演情報

ジャンル
邦楽

字幕あり

料金

一般-5,600円
学生-3,900円

全席指定
障がい者:2割引
車いすの方は事前に問合せ先まで要問合せ

チケット発売情報

8/11(日・祝) 10:00より発売

キャスト&スタッフ

出演
杵屋利光

[出演]杵屋利光 / 水藤桜子 / 稀音家祐介 / 他
※公演日時によって出演者や公演内容が異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。

アプリで読む