Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

財団設立70周年記念 永青文庫名品展 ―没後50年“美術の殿様” 細川護立コレクション―

20/9/12(土)~20/11/8(日)

永青文庫

重要文化財 菱田春草 「黒き猫」 明治43年(1910) 熊本県立美術館寄託

2020年は、永青文庫の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代当主・1883~1970)の没後50年にあたる。護立は稀代のコレクターとして知られ、十代の頃から白隠(はくいん)・仙厓(せんがい)などの禅画や刀剣の蒐集を始め、近代絵画、東洋美術に至るまで、幅広くコレクションした。このような多岐にわたる護立の蒐集品は、同館の所蔵品を特徴づける重要な柱となっている。そのなかには国宝・重要文化財が20点以上含まれているが、本年、新たに近代絵画コレクションから松岡映丘(えいきゅう)の「室君(むろぎみ)」と平福百穂(ひらふくひゃくすい)の「豫譲(よじょう)」が重文に指定された。
本展では、新指定の2点、菱田春草(ひしだしゅんそう)の「落葉」と「黒き猫」(いずれも重要文化財)をはじめとする近代日本画のほか、刀剣、禅画、中国美術など、護立が集めた名品を一挙展示し、コレクションの軌跡をたどる。さらに、2年にわたる修理完成を記念し、騎馬武者像の優品「細川澄元(すみもと)像」(重要文化財)を特別公開する。
“美術の殿様”とも呼ばれた細川護立。その珠玉のコレクションを存分に楽しんでほしい。
※前・後期で展示替あり
前期:9月12日(土)~10月11日(日)
後期:10月13日(火)~11月8日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(ただし9/21は開館し、9/23は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、シニア(70歳以上)800円、大学・高校生500円

※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※【10/21(水)限定】細川護立バースデー割引:また10月21日に誕生日を迎えられる方には、この日に限り記念品をプレゼントします。(他割引との併用不可。誕生日がわかる身分証明書などを受付にご提示ください)
※リピーター割引:本展会期中、観覧済みの有料チケットをご提示いただくと入館料を100円引きにいたします。(1名様につき1回まで。他割引との併用不可)

出品作家

ほか

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む