Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(左から)《新富町》1930(昭和5)年 / 鏑木清方 《築地明石町》1927(昭和2)年 / 鏑木清方《浜町河岸》1930年 いずれも、東京国立近代美術館蔵 ©Nemoto Akio

鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

19/11/1(金)~19/12/15(日)

東京国立近代美術館

東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家。今年、同館では、清方の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》の3点を新しく収蔵した。これを記念し、三部作のお披露目と、所蔵の清方作品をあわせた特別展示をおこなう。小規模だが、重要文化財《三遊亭円朝像》や12幅対の《明治風俗十二ヶ月》など、粒よりの名作が並ぶ贅沢な展示である。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(ただし11月4日は開館)、11月5日(火)休館

※金曜・土曜は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800(600)円、大学生400(300)円

※(  )内は20名以上の団体料金(いずれも消費税込)。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金でご鑑賞いただけます。
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
※同時開催の「窓展」(11月1日~2020年2月2日)は別途観覧料が必要です。
※11月3日(日・文化の日)は無料観覧日。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む