Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

辻まこと『岳人』(1973年9月号)、『山からの言葉』(平凡社、1996年発行) 表紙原画

「串田孫一・辻まこと展」植田俊一郎コレクション

19/8/2(金)~19/8/10(土)

MEGUMI OGITA GALLERY

辻まことは詩人、画家であり、山岳、スキーをテーマとした画文や文明批評的なイラストで知られる。
著作は風刺画文集「虫類図譜」「山からの絵本」「山で一泊」「すぎゆくアダモ」などで知られ、1971年1月から1976年2月まで雑誌「岳人」の表紙を担当した。
作品は軽やかなタッチで岳人たちの楽しげな表情がよく表現され、自然と人間が調和した瞬間を伝えている。
串田孫一は詩人、哲学者、随筆家で、500作以上の著作があり、本の装丁、挿絵も作家自身で制作していた。植田氏は、学生時代から串田のエッセイを好んで多数の著作を読み、高校の教科書にもよく掲載されていたという。
作品は大人の絵とは思えないユニークな絵が魅力的です。
また辻は父親と放浪生活を共にした後、今のフリーターの走りのような、スキーの指導、ギター、雑誌の書評など多岐に渡り活躍する生活をしていたことでも知られている。一方で串田の父は三菱銀行会長、東京帝国大学を卒業するなど、辻とは対照的な生活ぶりだったが、中学時代から登山を始め、「歴程」「アルプ」を介して、辻と串田は親しくなり「私の博物誌」などの共著もある。
今展では、辻作品は「岳人」表紙原画14点、油彩1点、他3点を展示し、串田作品は、1969年から1982年に制作された水彩画9点を展示する。
辻、串田作品を一堂に紹介する貴重な機会となる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜休廊

※8月5日は休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む