Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」

19/11/6(水)~20/2/9(日)

東京国立博物館

古代の人々は、自分たち自身をどのように表現したのだろうか。神々や死後の世界、自然界をどのように認識したのだろうか。古代の美術工芸品には、当時の人々の意識や世界観が投影されている。
本展覧会は、カタール国の王族であるシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されたザ・アール・サーニ・コレクションの中から、世界各地の古代文化が生み出した工芸品117件を厳選して紹介。「人」「神」「自然」の3つの展示テーマに沿って古代世界を巡ってみよう。
※東洋館3室にて開催

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、 月曜日(2020年1月13日(月・祝)は開館)休館、12月26日(木)~2020年1月1日(水・祝)、1月14日(火)休館

※金曜・土曜は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般620円(520円)、大学生410円(310円)

※総合文化展観覧料および開催中の特別展観覧券「正倉院の世界」(2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日))、特別展「出雲と大和」(2020年1月15日(水)~3月8日(日))でご覧いただけます。(観覧当日に限る)
※( )内は20名以上の団体料金
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した方(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で総合文化展を観覧できます。
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料です。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳,健康保険証,運転免許証など)をご提示ください。
※特別展「正倉院の世界」(2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日))、特別展「出雲と大和」(2020年1月15日(水)~3月8日(日))は別途観覧料が必要。

お問い合わせ

アプリで読む