Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

A la Table (ア・ラ・ターブル)―益子と笠間のうつわの饗宴―

18/12/16(日)~19/2/24(日)

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

栃木県の益子と茨城県の笠間は、ともに江戸時代末期に家内制手工業スタイルの窯業が発展し、関東を代表する窯業地として現在まで続いている。一般に、益子や笠間のやきものといえば、赤茶色の柿釉や乳白色の糠釉などの伝統釉を用いた大らかな造りのうつわがイメージされるだろう。しかし近年は、従来の様式にとらわれない、作家自身の個性や現代的な生活感覚が取り入れられたデザイン性の高いうつわを作る個人作家が増えている。その背景には、ライフスタイルの多様化をはじめ、情報化社会の発達により産地の伝統にとらわれることなく材料の調達や販路の構築ができる環境が生まれたことなどが挙げられる。本展では、益子と笠間を活動の拠点とする56名の作家と、全国の産地で活躍する7名の作家、計63名の作家の作品により、現代生活を彩る多種多様なテーブルウェアの世界が楽しめる。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜16:00、月曜日(祝日の場合は翌日)、12月25日(火)〜1月1日(火)休館

※2月は17:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

大人600円(550円)、小中学生300円(250円)

※( )内は20名以上の団体
※65歳以上は300円(要証明)

お問い合わせ

アプリで読む