Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」

19/8/29(木)~19/11/26(火)

国立民族学博物館

この展覧会には、世界各地の人々の想像の中に息づく生きものが展示されている。人は、「あり得ない」生物や生理現象、物理現象(異常な音、光、モノの動き)にまれに出会ったとき、驚き・怪み・不思議・不気味を感じる。馬には足が4本ある、投げたボールはいずれ落ちるといったような自然界の規則は、生物や物理現象に対する直観的理解として進化の過程で人間の脳の回路に配線済みであると言われているが、生まれながらに備わっているこの自然理解からズレるものに出会ったときの混乱が、「びっくり!」、「怪しい…」なのだ。そして人は、その理解できない現象の原因を説明するために、霊、神/カミ、悪魔、妖怪などの、見えない力の存在を想定する精神メカニズムをも備えている。しかし、人間の脳には限界があり、直接感知できない存在の姿は、知っている部品をなんとか駆使してイメージを思い描くしかない。そこには、文化人類学者レヴィ・ストロースのいう「ブリコラージュ」(寄せ集め)の思考が見てとれる。
※期間中一部展示替えあり
9月26日(木)展示替え 第2期(10月22日まで)
10月24日(木)展示替え 第3期(11月26日まで)
11月14日(木)展示替え 『梅園魚譜』パネル → 原資料

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、水曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料

※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。
※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。
※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。
※大学生・一般の方は自然文化園(中央口、西口、北口)窓口で、当館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。
※高校生以下が自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園(中央口、西口、北口)有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。
※東口からは、自然文化園(有料区域)を通行せずに来館できます。
※自然文化園(有料区域)をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。
※本館展示もご覧になれます。

お問い合わせ

アプリで読む