Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ミュシャ展〜運命の女たち〜

19/11/23(土)~19/12/25(水)

そごう美術館

現在のチェコ共和国モラヴィア地方で生まれたアルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)は、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手として知られ、その作品は現在まで世界中の人々を魅了し続けている。
本展は、「運命の女たち」をテーマに、ミュシャの人生を彩った女性たちに焦点をあてながら、ミュシャ芸術を紹介する。
華やかな女性像で知られるミュシャの作品には、女性との交流が少なからず影響を与えている。たとえば初恋の人、ユリエ・フィアロヴァー(愛称ユリンカ)の面影はミュシャの描く女性像の多くに投影されている。また、パリで大女優サラ・ベルナールと知り合い、ポスターを描いたことがきっかけで、名声を得たこともよく知られている。
ミュシャ生家の近くに住むチマル博士の3代にわたるコレクションから厳選したポスター、装飾パネル、油彩画、素描、水彩画など、十代の頃からパリ時代を経て、祖国に捧げた晩年の作品まで約150点が出品される。なお、チマル・コレクションのみで構成されるミュシャ展は日本で初めてである。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜20:00、会期中無休

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1300(1100)円、大学・高校生800(600)円、中学生以下無料

※消費税含む。
※( )内は前売および20名さま以上の団体料金。
※ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカードのいずれかをお持ちの方はカード提示で( )内の料金にてご入館いただけます。
※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。

チケット購入はこちら

チケットぴあ

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む