Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(左から) 黒川弘毅「Spartoi No.34」H23.5xW33xD30cm Bronze 1994、申圭恒「Deer #9-1」H39xW35xD27cm Bronze 2015、伊藤一洋「天體 No.24」H18×W13×D33cm Bronze 2016

ブロンズ至上主義 申圭恒 伊藤一洋 黒川弘毅

19/12/6(金)~19/12/27(金)

hpgrp GALLERY TOKYO

展覧会のタイトルが示す通り、3人の彫刻家はブロンズに勝る媒体は存在しないという立場を貫いている。彫刻という表現から決して外れることがないので、「ブロンズ彫刻至上主義」と言っても良いかもしれない。諸行無常の内にしかない永遠という時間への憧憬想像しかできない、もしくは想像さえできないほどの彼方表象ではなく、存在(量やかたまり)とは何かという問い芸術という覚悟が宿る彫刻展が始まる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~20:00、日曜・月曜休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む