Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

堀浩哉+堀えりぜ 記憶するために―わたしはだれ?

19/9/7(土)~19/11/17(日)

原爆の図丸木美術館

元号が「令和」と改まり、翌年の東京オリンピッ ク・パラリンピック開催と2025 年の大阪万博を見据えて、この国がお祭り騒ぎによって何を覆い隠していくのか、現代美術家のユニットである「堀 浩哉+堀えりぜ」の展覧会は、それへの批判とともに 新時代を切り拓くビジョンを提示する。
「堀浩哉+堀えりぜ」は 2011 年に始動したユ ニットだが、両名による協働活動は 1970 年代 半ばから続けられてきた。 堀浩哉は 1960 年代末から半世紀に渡って美術家としての活動を続けているが、堀の絵画以外の作品である 70 年代後半のパフォーマンスは堀えりぜとのコラボ レーションによるものだった。そしてその後、堀浩哉が 20 年ほど絵画に専念したのちの1990 年代末にパフォーマンスやインスタレーション作品を再開する際には、畠中実(現 I.C.C. 主任学芸員)を加えた「ユニット 00(堀浩哉、堀えりぜ、畠中実)」として活動を始め、さらに 2011 年の東日本大震災と原発事故以降は「堀浩哉+堀えりぜ」のユニッ トに改めて、旺盛な表現活動を展開している。
また堀浩哉の 2015 年以降の「滅びと再生の庭」 と題された絵画のシリーズでは、制作の際に堀えりぜが朗読をするという形で協力をしている。
この展覧会は、「堀浩哉+堀えりぜ」が 2011 年 以降に展開してきた活動の、現時点での集大成となるものである。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日休館(月曜祝日の場合は翌平日)

料金

大人900円、中高生または18歳未満600円、小学生400円

※団体(20名以上)、60歳以上、チラシ持参者、比企地区在住者100円引き
※障碍のある方は半額

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む