Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

みえるもののむこう

19/7/13(土)~19/9/8(日)

神奈川県立近代美術館 葉山

一之瀬ちひろ「きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について」より[#0021]2019年 発色現像方式印画、紙

生(せい)の美しさを世界に探り、眼に見えるかたちにして、作品へと映しだすアートの力。眼と精神、そして身体を同時代の空間に置き、そこから見えるものとその向こうに感じ取ったものを表現に起こしていく清新な感性の今を、絵画、写真、インスタレーション、映像、ダンスなどの多様なジャンルで展開する5人の現代作家、一之瀬ちひろ(1975-)、酒井幸菜(1985-)、白石由子(1956-)、津上みゆき(1973-)、三嶽伊紗(1956-)の仕事を通してとらえる。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(7月15日、8月12日は開館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600(500)円、20歳未満・学生450(350)円、65歳以上300円、高校生100円

※( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。
※セット割 :「柚木沙弥郎の『鳥獣戯画』」との同時購入で、一般および20歳未満・学生の観覧券がセットで100円引になります。
※リピート割:有料観覧券のご提示で、一般および20歳未満・学生の後日の観覧料が100円引になります(1枚につき1回限り有効)。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日: 8月4日、9月1日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も遠慮なくご覧ください。
※その他の割引につきましてはお問い合わせください。

出品作家

ほか

アプリで読む