Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

父の初七日

12/3/3(土)

東京都写真美術館ホール

笑いと涙で送り出す、台湾式“お葬式“映画!

父親の葬儀のために帰省したヒロインが、古いしきたりに翻弄されながらも父親を送り出すまでの7日間を、笑いと涙を交えて描く感動ドラマ。本作で初メガホンを執ったエッセイ・リウ監督が、自身の散文を脚色。大切な人との別れのドラマを愛に満ちた目線で演出する。泣くことが仕事の泣き女や、騒がしい楽隊など、お祭りのような喧騒と混乱の果てに送り出す、台湾式お葬式事情に驚かされる。

父の訃報を受け、台北で働く娘のアメイが帰省する。叔父の指図で伝統的な道教式の葬儀が執り行われることになったが、古いしきたりに沿った葬式は泣き女や楽隊が登場するなど、まるで祭りのような状態に。そんな中、父親の恋人を名乗る女性が現れて……。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ 日本映画
原題
父後七日
制作年・国
2009/台湾
配給
太秦
ヘッド館
東京都写真美術館ホール
上映時間
92分
公開日
2012/3/3(土)

キャスト&スタッフ

監督
製作
原作
脚本
音楽
出演

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む