Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Ha Chong-hyun Conjunction 18-07, 2018 Oil on hemp 35 7/8 x 28 3/4 inches

HA CHONG-HYUN

19/3/23(土)~19/5/18(土)

BLUM & POE

BLUM & POE (東京)では、河鍾賢(ハ・ジョンヒョン)による新作展を開催する。同ギャラリーでは3回目、東京スペースでは初の開催となる本展は、国内では15年ぶりの作家による展覧会となる。
河は、戦後の韓国美術を代表する先駆的作家の一人として知られている。物資にも困窮した1960-70年代の韓国の独裁的な政治制度下で、河はこれまで使われてこなかった、新聞紙、廃材、有刺鉄線といった素材を用いた制作の可能性を探るようになる。1974年には、「接合」と呼ばれるシリーズに着手し、絵具の持つ物質性、そして単なる支持体としてではないキャンバスの可能性についての追求を始めるようになった。同シリーズでは、モノクロの油絵具を粗い織の麻布の裏面から裏濾すことで溢れ出た絵画表面を、さらに筆でなぞりつけ、擦り付けていくことで多種多様な抽象的構成を生み出している。本展で発表する新作および近作から構成される「接合」シリーズは、青、赤、オレンジといった鮮やかな色彩を用いて描かれたものが多く登場する。一方で、白い絵具を用いた作品では、その表面を火にかざすことで化学的な変化がもたらされている。白から焦げた灰色へと変化した表面を水平に、あるいは垂直に削り出していく反復行為を繰り返すことで、絵画面の奥に隠された手つかずの白いレイヤーが暴かれていく。
本展は、近年開催された「単色のリズム: 韓国の抽象」 (東京オペラシティ アートギャラリー、2017年)や「Korean Abstract Art: Kim Whanki and Dansaekhwa」(宝龍美術館、上海、2018–19年)といったアジアで行われた大規模な「単色画」について検証する展覧会に続くものである。河は、ジョアン・キーのキュレーションによりBLUM & POE (ロサンゼルス)で2014年に開催された「From All Sides: Tansaekhwa on Abstraction」展、続いて2016年に同ギャラリーで開催され、その後ニューヨークのスペースへ巡回した、韓国の単色画とアメリカのミニマリズムについて初めて比較、検証した展覧会「Dansaekhwa and Minimalism」展にも参加している。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む