Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

吉岡耕二 色彩の旅 パリを中心に-モンサンミッシェル・ニース

20/11/7(土)~20/11/15(日)

Bunkamura Gallery

自由な色彩表現を求め、1967年24歳の時に渡仏しパリに留学。1975年には日本人として最年少の31歳でサロン・ドートンヌの正会員になる快挙を果たし、若手の頃から評価を得ていた吉岡耕二。渡仏当時から77歳を迎える現在まで飽くなき探究心で色彩感覚を研ぎ澄まし、その大胆で力強い色づかいで観る者を圧倒させる様は“色彩の魔術師”と呼ばれている。
画家は、人生の転機となった地である冬のパリへ出向き、世界に誇るセーヌ川を眺める風光明媚な風景や、ノートルダム大聖堂の塔の上から見下ろした景色など、その絶景の数々を瞳に焼き付け、描き上げた。
Bunkamuraでは15回目となった吉岡耕二の個展。今展では油彩をはじめ、版画、ペーパーワークの作品と幅広く、新作を50点以上揃えて展覧販売する。
自粛が続き、気が滅入ってしまう日々を元気づける、色彩の旅を楽しめる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00
無休

※最終日のみ18:00まで

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む