Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮崎郁子「ウィーン世紀末 夢の影」

19/9/21(土)~19/10/21(月)

ギャラリーあしやシューレ

宮崎郁子は、エゴン・シーレが描いた人物をもとに、平面作品から立ち上がる視覚的イメージを、独自の色彩と装飾性を加えた立体造形として表現している。
物心ついた頃から人形を作り始め、その後一貫して「人間の形」を独創的に造形してきた宮崎郁子は、1995年のある日、エゴン・シーレの画集に出会う。エゴン・シーレの世界に自身を投影した宮崎は、考察の対象が「祈り」の存在へと変遷し、その後四半世紀にわたり、エゴン・シーレをオマージュする作品を展開してきた。エゴン・シーレ没後100年の2018年、シーレゆかりのチェスキー・クルムロフ(チェコ)の Egon Schiele Art Centrumで3カ月間にわたる個展が開催され、作品11点が同館コレクションとなった。
19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。装飾的で煌びやかな文化の中に、人間の不安や恐れ、エロスが交錯し、生と死のあわいに垣間見えた「夢の影」、そして困難な問題に直面する現代に生きる私たちの「夢の影」を、エゴン・シーレとその師グスタフ・クリムトへのオマージュ作品を交えて紹介する。 なお、国立国際美術館(大阪・中之島)では「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展が8月27日から12月8日まで開催されている。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~17:00、日曜・月曜休廊

料金

無料

出品作家

アプリで読む