Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-

18/12/11(火)~19/3/24(日)

国立科学博物館

土井ヶ浜遺跡は山口県下関市にある砂丘上に造られた弥生時代の集団墓地。この遺跡から数多くの弥生時代の人骨が出土し、その発見は日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらしてくれた。今回の企画展では、日本人の形成史を解明する上で重要な資料となった土井ヶ浜遺跡の人骨資料をはじめ、西日本と東日本の弥生時代遺跡から出土した人骨資料を展示し、弥生時代人骨をめぐる研究の歴史や最新の研究成果を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日(12月24日、1月14日、2月11日、2月25日は開館)12月28日(金)~1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)休館

※金・土曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般・大学生620円(500円)、高校生以下・65歳以上無料

※( )内は20名以上の団体料金
※常設展示入館料のみでご覧いただけます。
※障害者の方、原子爆弾被爆者の方、戦傷病者の方及びそれらの方々1名につき、介護者1名は無料となります。入館の際に証明書をご提示ください。
※友の会会員、リピーターズパスをお持ちの方、賛助会員、寄付会員、大学パートナーシップ入会大学の学生及び引率の教職員は無料
※2019年2月24日(天皇陛下御在位三十年慶祝のため)は入館料が無料となります。(ただし、常設展のみが対象となります。)

お問い合わせ

アプリで読む