Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

20/2/28(金)

ヒューマントラストシネマ有楽町

(C)Mamocita 2018

絵画に人生を捧げた男が見つけたホンモノとは

『こころに剣士を』で知られ、賞レースの常連であるフィンランドの巨匠クラウス・ハロ監督による人間ドラマ。年老いた美術商がとある絵画に魅せられ、その獲得に奔走する様とその過程で明らかになる彼の娘親子の過去を映し出す。フィンランド国立アテネウム美術館の全面協力のもと製作され、絢爛豪華な美術品の数々も大きな見どころとなっている。

家族より仕事を優先して生きてきた美術商オラヴィ。ある日、そんな彼のもとに疎遠だった娘から子供オットーを預かってほしいと連絡がくる。同じ頃、オラヴィは作者不明の肖像画に心を奪われていた。そして、彼は預かったオットーと共に絵の作者を探し始める。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ 外国映画
制作年・国
2018/フィンランド
配給
アルバトロス・フィルム
ヘッド館
ヒューマントラストシネマ有楽町
上映時間
95分
公開日
2020/2/28(金)

キャスト&スタッフ

監督
編集
製作
脚本
撮影
美術
音楽
出演

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む