Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

祇園囃子

溝口の得意とする花街を舞台とした作品で、前作「雨月物語」で脚本を担当した川口松太郎が原作を、依田義賢が脚本を担当している。祇園ではちょっと名の知れた勝気な芸者・美代春は、舞妓志願に来た少女・栄子の熱心な頼みに負け舞妓に仕込むことを決心。1年間栄子は芸事に励み、いよいよ舞妓として売り出す日がくる。栄子は現代っ子らしい振舞いが評判となり、楠田という男に目をつけられるが……。溝口に大抜擢された若尾文子、ベテラン・浪花千栄子、進藤英太郎の演技が光る珠玉の作品。とりわけ、祇園になじみの且那・楠田に迫られて、大騒ぎしたあげくに男の唇を噛み切るという大胆な行為に及ぶ、芸妓の卵・若尾文子の奔放ぶりに目を見張らされる。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1953/日本
配給
大映=大映京都
上映時間
85分

キャスト&スタッフ

監督
原作
脚本
撮影
出演

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む