Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

手描・木版型染布かたぞめぬの クリシュナ図 インド 17-18世紀

茶道具と華布

19/5/18(土)~19/6/30(日)

遠山記念館

華布‐かふ‐とは、主に綿布に花鳥や人物・動物等の文様を色鮮やか染めた布、「更紗さらさ」の異名。その発祥の地インドでは4,000年以上前より染そめ技術が発達し、海外への輸出も2,000年ほど前には始まっていたと考えられている。インドから運ばれた軽やかな木綿の染布は各地の染織文化に多大な影響を与え、とりわけ16〜17世紀にヨーロッパへの輸出が盛んになると、絹や毛織物が主流であった当時の服飾界に革命的なブームを巻き起こした。日本にも室町時代以降、インドやインドネシアなどの染布が数多く輸入され、その異国的な雰囲気はたちまち人々の心をとらえた。この染布を日本では「更紗」、「華布」などと呼び、衣料や小物、布団地、茶道具の包み布等様々な用途に珍重してきた。今回は館蔵の茶道具とともにインド、インドネシア、イランの更紗、そして日本で染められた「和更紗」を展覧する。華やかな文様を生み出した文化的背景に思いを寄せつつ茶の湯の雰囲気を楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(祝祭日の場合は開館、翌日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人700円(560円)、学生(高校・大学)500円(400円)

※中学生以下は無料
※( )内は20名様以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方は200円割引

お問い合わせ

アプリで読む