Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浮世絵meets紙の魔術師 江戸のペーパークラフト組上絵×太田隆司ペーパーアート展 -時代(とき)を超えて出逢う紙の世界-

19/9/10(火)~19/10/5(土)

城西大学水田美術館

浮世絵の中のおもちゃ絵の一種となる組上絵(上方では立版古という)。厚紙に貼り、描かれたパーツごとに切り抜いて立体的に組上げていく様は現代のペーパークラフトにも通じる。本展では、そんな組上絵を同館所蔵品から紹介。
芝居小屋の内外を見せる作品、十二ヶ月の季節の行事をひとつの空間に現した作品等を展示、加えてそれぞれの作品の複製で製作した組立完成品も展示する。平面の版画から立体空間へと生まれ変わる面白さを感じてほしい。
併せて、「現代の組上絵」とも呼べる立体世界を作り上げる紙の魔術師、太田隆司のペーパーアート作品もご紹介。太田の創り出す作品には、見る者の想像力を掻き立てる魅力があり、組上絵とは違った心に響く物語性を感じさせる。
本展では組上絵4件28点、複製組立完成4点、太田隆司作品30点を展示。時を超えて巡り遭う組上絵とペーパーアートが織りなす紙の世界を楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:00、日曜日・月曜日・9月23日(月・祝)・9月24日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般300円、高校生以下無料

※本学学生(健康市民大学生含)、教職員、高校生以下は無料
※公開講座受講生は含まれません
※障害者手帳をお持ちの方は、本人と付き添いの方1名無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む