Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

太田喜二郎 ≪赤い日傘≫ 1912年 新潟大学蔵 写真:辻 美津夫

太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

19/7/13(土)~19/9/8(日)

目黒区美術館

京都を代表する洋画家 太田喜二郎(1883~1951)は、東京美術学校卒業後、師 黒田清輝の勧めでベルギーに留学し、帰国後は、 点描表現で農村風景を描いた明るい洋画で注目を集めたことが知られている。点描表現や印象派を日本にもたらした画家として、紹介、研究されてきたが、1917 年頃より、点描を棄て平明な洋画へと画風を変貌させて以後のことについては、従来、十分な研究がされてきたとはいえなかった。しかし、近年、太田の幅広い人間関係を評価し、太田と他分野との深い関係の研究が進められている。
2017 年には、太田と京都帝国大学の考古学者・濱田耕作の関係を取り上げた京都文化博物館による「京都の画家と考古学—太田喜二郎と濱田耕作—」展が開催された。そのほか、東洋史学者の内藤湖南や羽田亨など、大正期の太田がさまざまな研究者と密接な交流を持っていたことが徐々に紐解かれている。さらに京都大学工学部講師として建築学科で太田がデッサンを教えていたことにより、武田五一や藤井厚二 (1888~1938) などの建築家とも親しい関係にあったことが明らかになってきた。
大正期、京都に建築された《太田邸》(1924 年竣工)は、藤井の設計によるもので、北側採光をうまく取り入れたアトリエを持つモダンな住宅だ。この太田家の設計に関する藤井のスケッチや、藤井との交流の様子を示す絵巻物・書簡などの所在が確認されるなど、京都文化博物館の研究チームによる調査が進んでいる。
広島県福山市に生まれた藤井は、東京帝国大学の建築科を卒業後、竹中工務店を経て京都帝国大学建築学科に着任する。海外視察の時に見聞した西洋の様式と日本の気候風土を融合させた環境工学を研究し、「日本の住宅」を追求した。その究極が、何度も実験を繰り返した京都大山崎にある自邸《聴竹居》(重要文化財)だ。日本の住宅にモダンな要素が加わった上に、構成が斬新なこの自邸は、自然の環境をとりこんだ空間として、近年話題になっている建築である。
本展は、太田研究を進めている京都文化博物館と、収集方針の一つに日本人美術家の滞欧米作をあげ、太田の滞ベルギー作品を収集し、さらに建築やデザインに関する展覧会を積極的に開催している目黒区美術館との共同研究により開催する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(ただし、7月15日(月・祝)及び8月12日(月・休)は開館し、7月16日(火)及び8月13日(火)は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000(800)円、大高生・65歳以上800(600)円、小中生以下無料

※障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料。
※(  )内は20名以上の団体料金。
※目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります。
※各種割引の併用はできません。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む