Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展 宮内省御用達 川島織物と明治宮殿

19/4/20(土)~19/6/25(火)

LIXILギャラリー

株式会社川島織物セルコン(本社:京都市左京区 社長:山口進)の運営する企業博物館 川島織物文化館は、天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位にあわせ、明治宮殿の室内装飾織物にまつわる資料より同社のモノづくりを紹介する『川島織物と明治宮殿』展 を2019年4月20日から6月25日まで、LIXIL:GINZA(所在地:東京都中央区)で開催する。
川島織物セルコンは、京都・西陣を発祥とする織物メーカー。創業者から事業を受け継いだ二代川島甚兵衞が、明治宮殿に室内装飾を納めたことなどから、1891年に宮内省御用達国内第一号に任命された。以降、皇室や関連行事で使われる織物を多く製織している。本展覧会では、同社が宮内省御用達を賜るきっかけとなった明治宮殿の室内を彩った染織品にまつわる資料から、こだわりのモノづくりを紹介する。
明治宮殿は、その名の通り明治天皇のお住まいとして1888(明治21)年に竣工した建物である。二代川島甚兵衞の明治宮殿への思い入れは強く、皇居ご造営の計画が持ち上がり、西洋式の宮殿となることが有力で資材の多くは輸入品が採用される予定であることを知ると、日本を代表する建物の内装は日本・西陣で製織すべきであり、西陣の技量は決して海外に劣らないと訴えた。特に、1886(明治19)年に出かけた西欧視察で室内装飾に用いられるファブリックを目の当たりにし、室内装飾織物の研究を重ね、明治宮殿の室内装飾織物の製織にこぎつけた。
西溜之間の壁面を飾る壁掛として製作した縦3.03メートル、横6.06メートルの一対(2枚一組)の綴織壁掛「富士巻狩」の原画に加え、正殿を飾った緞帳(窓掛)「鳳凰に唐草模様」の下絵と試織、牡丹之間(婦人室)の紋織緞帳(窓掛)「秋草紋様菊花之図」の試織なども展示する。明治宮殿は第二次世界大戦の空襲にあい消失してしまったため、資料があまり残されていない。宮殿を知るたいへん貴重な資料と川島織物のモノづくりを見ることができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

10:00~18:00、水曜休館、5月26日休館

※最終日は17:00まで

料金

無料

お問い合わせ

アプリで読む