Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宣告

ファシズム下の1937年3月。トマッソは解雇された芸術家ファシスト同盟を訪れ、元上司、後釜に座った同僚を惨殺し、車で待つ妻も森に連れ込み殺害する。誰もが死刑の判決が下されるのを確信するなか、死刑に反対の裁判官ビトは、何とかその時の隠された状況を探り出そうとするが、上司や同僚、家族、被告のトマッソさえもが彼に背を向ける。そんななか、陪審員・農夫のジョヴァンニが協力を申し出、ビトは味方を得て再び邁進していく。裁判は大詰めを迎え、宣告の日が近づいていた……。死刑をモチーフにし、人間の尊厳とは何なのか? という問いかけや日常生活の中で失いかけているものを静かに語りかける。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む