Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2019/photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

家族を想うとき

19/12/13(金)

ヒューマントラストシネマ有楽町

巨匠K・ローチが現代の家族の形と労働問題に迫る

前作『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2度目のカンヌ映画祭パルムドールに輝いた巨匠ケン・ローチが、かねてより表明していた引退宣言を撤回して3年ぶりに発表した人間ドラマ。本作でも、労働階級の苦境と現実という長いキャリアで一貫して追求してきたテーマに正面から取り組んでおり、ブラックな労働環境に翻弄される家族の姿を描き出す。

イギリス北部の都市ニューカッスル。ふたりの子供を育てるリッキーは、マイホーム購入のために大手配送業者のフランチャイズの下請けとして働き始める。妻アビーも介護福祉士として忙しく、息子セブと娘ジェーンと過ごす家族の時間は減っていくばかりだった。

アプリで読む