Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

太陽の坐る場所

14/10/4(土)

有楽町スバル座にて公開

地方都市を舞台に交錯する青春時代の複雑な想い

直木賞作家・辻村深月の同名小説を水川あさみと木村文乃の共演で映画化。高校卒業から10年目の同窓会を舞台に、同級生への嫉妬、下心、青春時代への復讐など様々な思惑が渦巻く様を描き出す。水川と木村は、名前は同じだが鏡写しのように逆転した人生を歩むふたりの女性を演じる。『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司が監督を務める。

東京から電車で2時間ほど離れた田舎の高校のクラス会が行われていた。卒業から10年が経ち、かつて女王様的存在だった響子は、地方でアナウンサーになっていた。しかし話題に上るのは、今をときめく女優になった同じ名前の“キョウコ“のことばかりだった。

アプリで読む