Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

茨城近代美術の精華Ⅱ 日本芸術院会員五人展

18/6/16(土)~18/8/12(日)

茨城県近代美術館

明治以降の日本近代美術史の中で、茨城県は日本画家の横山大観、洋画家の中村彝をはじめ、各分野にわたって多くの優れた芸術家を輩出した。県の美術の隆盛は今なお連綿と続いており、今後もさらに進展していくことが望まれている。
こうした視点に立って開催するこの展覧会は、平成4年度の「日本芸術院会員による茨城近代美術の精華 今日の栄光展」の第2弾として、茨城県にゆかりがあり、現在日本芸術院会員として活躍する川崎普照(彫刻)、蛭田二郎(彫刻)、那波多目功一(日本画)、山本文彦(洋画)、能島征二(彫刻)を取り上げ、代表作を中心にそれぞれ20点、全101点の作品を展示。美術界を第一線で牽引する作家5人の、個性豊かで創造性あふれる芸術の魅力を楽しむことができるだろう。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館(ただし,7月16日(月祝)は開館、7月17日(火)は休館)

料金

一般980円、70才以上490円、高大生720円、小中生360円

※20名以上の団体は一般850円、70才以上420円、高大生600円、小中生240円
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料。
※7月25日(水)は70才以上の方無料。土曜日は高校生以下無料(夏休み期間を除く)

出品作家

川崎普照
蛭田二郎
那波多目功一
山本文彦
能島征二

お問い合わせ

アプリで読む