Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

松本かつぢ かわいい!づくし

18/4/17(火)~18/7/16(月)

とちぎ蔵の街美術館

松本かつぢ(1904~86)は、抒情画家・漫画家・童画家・グッズクリエイターとして多彩な才能を発揮したアーティスト。少女雑誌文化が花開いた昭和の初め、少女たちの憧れを誘い、中原淳一と人気を二分した。栃木市ゆかりの作家、吉屋信子(1896~1973)の著作の装丁、挿画を手掛けていることでも知られる。昭和13年(1938)連載開始の「くるくるクルミちゃん」は少女漫画の先駆け的作品で、次々とグッズ化され、キャラクターグッズの元祖ともなった。松本かつぢの生み出した作品の数々は、今に続く日本の「かわいい」文化に、なくてはならないものと言えるだろう。「かわいい!」があふれる展覧会で、松本かつぢの魅力を紹介。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館、7/16(月・祝)は開館し7/17(火)休館

料金

一般(高校生以上)500円

※中学生以下無料
※20名以上の団体は一般300円

出品作家

アプリで読む