Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴木淳夫 彫る絵画 ー 三原色 ー

19/9/13(金)~19/10/12(土)

TEZUKAYAMA GALLERY

1977年に愛知県に生まれた鈴木は、2001年に静岡大学大学院教育学研究科を修了。現在は生まれ故郷の愛知県豊橋市を拠点に活動しているアーティスト。自身の作品を「彫る絵画(Carved Painting)」と称し、幾重にもパネルの上に塗り重ねた絵具の層を彫刻刀で削り出すことで様々な図柄を描く作風で制作を重ねてきた。手法としては彫漆にも似た制作方法ですが、鈴木が作り出す画面は作家の息づかいすらも感じ取れる程の鮮明な行為の痕跡として鑑賞者に提示され、同時に「彫る」という反復行為によって顕在化した絵具の断層は、作家が作品と対峙した膨大な時間を物語る。
TEZUKAYAMA GALLERYでの初個展となる本展は名古屋のギャラリー、AIN SOPH DISPATCH(アインソフディスパッチ)との共同企画展となり、2会場で同作家の作品を発表する。
両会場ともに基本となる作品の配色は赤、青、黄の三色に限定しながらも、制作に用いる彫刻刀の種類を変えることで全く異なる印象に仕上げた作品群を各会場で展示する。また、実際に作品の表面から削り取った絵具片によって作られた立体作品や平面の小品も出品を予定している。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00、日曜日・月曜日・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む