Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

没後160年記念 歌川国芳

21/9/4(土)~21/10/24(日)

太田記念美術館

歌川国芳(1797~1861)は江戸時代後期に活躍した浮世絵師。国芳は10代後半で浮世絵師としてデビューし、売れない不遇の時期を過ごしたあと、30代前半に描いた「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」シリーズで大ブレーク。以降は勇壮な武将を描いた武者絵や、コミカルな笑いを描いた戯画、独自の魅力にあふれた風景画、美人画、役者絵、子供絵など、ありとあらゆるジャンルを精力的に手掛け、多くの弟子も育てて浮世絵界を牽引した。
2021年は歌川国芳の没後160年にあたる。この記念の年に、本展では国芳の生涯と作品を改めて紹介し、その魅力に迫る。
・PART Ⅰ 憂き世を笑いに!―戯画と世相
9月4日(土)~9月26日(日)
・PART Ⅱ 江戸っ子を驚かす!―武者と風景
10月1日(金)~10月24日(日)
※ⅠとⅡで全点展示替え

開催情報

ジャンル
美術館

10:30〜17:30、9月6、13、21、27〜30日、10月4、11、18日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、大高生700円、中学生以下無料

※中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
※新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、当面の間は10名以上の団体でのご来館はご遠慮ください。
※障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
※その他各種割引についてはお問い合わせください。
※料金は消費税込み。
※リピーター割引:会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示にて200円割引いたします(他の割引との併用不可)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む