Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

武蔵野合唱団第52回定期演奏会

19/10/3(木)

東京芸術劇場 コンサートホール

日本・ハンガリー外交関係設立150周年、そしてカルミナ新境地へ!「音楽とは歌、歌とは言葉、言葉とは心なんだ!」巨匠・小林研一郎の教えであり、武蔵野合唱団の信条。 12〜14世紀の吟遊詩人や若い修道僧たちによる世俗的な感情が剥き出しとなった詩をテキストに、20世紀の作曲家カール・オルフによって完成された世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』。ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団(指揮:小林研一郎)を招聘、開催した創立50周年記念定期(カップリングは今回とおなじ「1812年」)以来、13年ぶりに定期演奏会で取り上げる。

チャイコフスキー:大序曲「1812年」/オルフ:カルミナ・ブラーナ

公演情報

ジャンル
声楽

未就学児童は入場不可。
出演者は都合により変更の可能性あり。

料金

S席-6,500円
A席-5,500円
B席-4,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

指揮
小林研一郎
ソプラノ
澤江衣里
テノール
高橋淳
バリトン
大沼徹
合唱
武蔵野合唱団
管弦楽
読売日本交響楽団

児童合唱:フレーベル少年合唱団

お問い合わせ

アプリで読む