Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

春の江戸絵画まつり へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

19/3/16(土)~19/5/12(日)

府中市美術館

人は、見事な美しさや完璧な美しさに、大きな感動を覚える。しかしその一方で、きれいとは言いがたいもの、不格好で不完全なものに心惹かれることもあるだろう。「へそまがりの心の働き」とでも言ったらよいだろうか。例えば、禅画に描かれた寒山拾得の二人は、不可解さで見る者を引きつける。また、江戸時代の文人画には、思わず「ヘタウマ?」と言いたくなるような作品がある。文人画の世界では、あえて朴訥に描くことで、汚れのない無垢な心を表現できると考えられていたのだ。あるいは、徳川家光が描いた《兎図》はどうだろうか。将軍や殿様が描いた絵には、ときおり見た人が「???」となるような、何と言い表せばよいか困ってしまうような「立派な」作品がある。描き手が超越した存在であることと、関係があるのかもしれない。更に近代にも、子供が描いた絵を手本にして「素朴」にのめり込む画家たちがいた。
この展覧会では、 中世の禅画から現代のヘタウマまで、 日本の美術史に点在する「へそまがりの心の働き」の成果を展覧する。へそまがりの感性が生んだ、輝かしくも悩ましい作品の数々を眺めれば、日本美術のもう一つの何かが見えてくるかもしれない。
※会期中展示替えあり

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~17:00、月曜日休館(4月29日、5月6日は開館)、5月7日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280円)、小学生・中学生150円(120円)

※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
※(府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む