Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

石からうまれた仏たち ―永青文庫の東洋彫刻コレクション―

19/1/12(土)~19/4/10(水)

永青文庫

永青文庫がアジアのさまざまな仏像を所蔵していることは、あまり知られていないかもしれない。同館の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代・1883~1970)は東洋美術に広く関心を持ち、中国考古や陶磁器ばかりではなく、中国の石仏・金銅仏、インドや東南アジアの彫刻をもコレクションに加えた。とりわけ北魏から唐時代におよぶ中国彫刻は、近代日本においていち早く中国美術を紹介・蒐集した早崎稉吉(はやさきこうきち)(1874~1956)の旧蔵品が大半を占め、各時代の特徴を表した重要な像が多く含まれる。
このたび専門家の協力を得て、これら東洋彫刻コレクションの調査を行った。本展では、調査の成果に基づき、「菩薩半跏思惟像(ぼさつはんかしいぞう)」や「如来坐像(にょらいざぞう)」(いずれも重要文化財)をはじめとする中国彫刻、ほとんどが初公開となるインド彫刻を一挙に紹介し、あわせて個人蔵の貴重な中国金銅仏を特別に展示する。
昨今注目を集める日本の仏像の源流ともいえる、中国・インド彫刻。この展覧会で、ルーツを探ってみよう。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(ただし1/14・2/11は開館し、1/15・2/12は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800円(700円)、シニア(70歳以上)600円(500円)、大学・高校生400円

※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

お問い合わせ

アプリで読む