Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

13日の金曜日〈1980年〉

スプラッタ映画の元祖“13金”シリーズの記念すべき第1作。1958年にニュージャージー州ブレアーズタウンで実際に起きた惨劇をもとに映画化された。舞台はクリスタル・レイクのキャンプ場。昔、若い男女が惨殺されて以来、呪われた場所として忌み嫌われているこの土地で、10数年ぶりに夏のキャンプが再開される。だが準備のために集まって来た若者たちは、その日、13日の金曜日に次々と何者かに殺されていく。無感動に人間が殺りくされていく有り様は、殺される者に対する憐れみや哀しみといったものが一切なく、一種のショー的な要素すら感じられる。本編とシリーズ第4作のメイクアップは、今やスプラッタ効果の第一人者、トム・サヴィーニが担当し、見事な視覚的効果を出している。謎の殺人鬼、“マッド・キラー”ジェイソンの誕生を告げ、以来数多くの続編を作り出していく基礎となり、その後のホラー映画に大きな影響を与えた。

アプリで読む