Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

紀尾井ホール室内管弦楽団 第119回定期演奏会

19/11/8(金)~19/11/9(土)

紀尾井ホール

ピリオドからモダンまで縦横に活躍する英国の俊才リチャード・エガー。紀尾井ホール室内管弦楽団の定期演奏会デビュー。記念すべき公演には、どれもKCOにとって初演となる3作が選ばれた。最初に置かれたのはシューマンが唯一完成させたオペラの序曲。重々しく始まりますが、胸を熱くさせる高揚の果てに輝かしい結末に至るシューマネスク感たっぷりの作品。続いて作曲から80年間秘匿の憂き目にあった最晩年の傑作ヴァイオリン協奏曲。近年急速に再評価が高まってきた本作を、世界のヴァイオリン界を牽引する佐藤俊介が日本で初めて披露。後半はシューマンを師と仰いだブラームス壮年の交響曲第2番。今回は初演当時とほぼ同じサイズのオーケストラ編成で聴ける大変貴重な機会

シューマン:歌劇『ゲノフェーファ』序曲 Op. 81/シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 (遺作) WoO. 23/ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op. 73

公演情報

ジャンル
器楽 室内楽

2階BL・BRにはステージの一部が見えにくい席あり。

料金

S席-6,300円
A席-5,250円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

管弦楽
紀尾井ホール室内管弦楽団
ヴァイオリン
佐藤俊介

指揮:リチャード・エガー

アプリで読む