Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東海道四谷怪談〈1959年〉

19/9/21(土)~

シネマヴェーラ渋谷

何度も映画化されている鶴屋南北の『東海道四谷怪談』を、怪談映画の巨匠・中川信夫が映画化した極めつけ。浪人・民谷伊右衛門は、身持ちの悪さを理由にお岩との仲を引き裂かれたのを恨みに思い、お岩の父・四谷左門と佐藤彦兵衛を殺す。2年後、伊右衛門はお岩と夫婦になったが、すでに二人の仲は冷え切っている。たまたま悪旗本に絡まれている伊藤喜兵衛の娘・お梅を救ったことから、伊右衛門に養子縁組と仕官の道が開けてくる。お岩を邪魔に思った伊右衛門は、お岩に毒を盛り、あんまの宅悦との不義を理由に殺してしまう。晴れてお梅と祝儀をあげた伊右衛門だが、その夜からお岩の亡霊が現れ、ついには呪い殺される。中川の演出は、当時の国産カラーの不十分さを補って余りある様式美を見せ、寺で仲間の直助が伊右衛門に斬られるシーンでは、直助が倒れ込む畳が一瞬、沼となるなど鮮烈なイメージを展開した。そのほか、冒頭の移動撮影やお岩が毒を飲むシーンなどは忘れがたい。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1959/日本
配給
新東宝
上映時間
76分

キャスト&スタッフ

アプリで読む