Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

佐藤翠《Diaphanous pink window I》2019, Glitter, oil and acrylic on canvas 194.5×259.3cm

佐藤翠「Diaphanous petals」展

19/12/15(日)~20/4/5(日)

ポーラ美術館

佐藤翠(1984-)は、服や靴などのファッションアイテムがひしめくクローゼットや、装飾的な文様で覆われたカーペット、そして色彩豊かな花々を、油彩やアクリルで描くアーティスト。ドレスやハイヒール、花や果物など、一貫して女性的なモティーフにこだわりながら、正面観を意識した構図やコントラストの強い色彩表現、身体性を感じさせる力強い筆のストロークによって、独自の絵画表現を追求してきた。個展やグループ展での作品発表のほか、小説の装丁画や挿絵を手掛けるなど、活躍の場を広げている。
本展では、6点の新作を発表する。縦1.94×横2.59mにおよぶ、光溢れるショーウインドウを描いた《Diaphanous pink window I》を含む大作3点と、これまでも連作として描いてきた花やカーペットをモティーフとした小品3点。
具象と抽象、現実とイマジネーションの世界とを行きつ戻りつしながら、絵画表現の魅力を追い求める佐藤の、新たな作風の展開に注目してほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、無休

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人1800円(1500円)、シニア(65歳以上)1600円(1500円)、大学・高校生1300円(1100円)

※( )内は15名以上の団体料金

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む