Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展 棟方志功の福光時代ー信仰と美の出会いー

19/9/28(土)~19/11/17(日)

奈良県立万葉文化館

誰しもが耳にしたことがある著名な版画家 棟方志功(1903-1975)は、青森県青森市に生まれ、生来の弱視にもかかわらず、幼少時より絵を描くことが好きで、ゴッホに憧れて油絵描きを志し21歳で上京する。その後、憧れの帝展へ出品するも落選が続き、油絵に疑問を抱くようになる中、日本の版画に着目し、独自の作風を模索し始めた。昭和11(1936)年、民藝運動の指導者たちとの出会いから、棟方は飛躍的な成長を遂げ、数々の名品を世に残すこととなる。
終戦間際の昭和20年4月、棟方志功一家は戦火を避けて富山県福光町(現・南砺市)に疎開し、昭和26年11月まで6年8ヶ月を過ごす。この在住期間は棟方42歳から48歳までの最も充実した時代だった。本展はそうした棟方志功の福光時代に焦点を当て、その時期に制作された《火の願ひ板画柵》や《運命頌板画柵》、奇跡的に戦火を逃れた《釈迦十大弟子》などの板画作品を主軸とし、この時代に花開いた倭画や書の名品、書簡等の資料、包装紙や装画本等のデザインまで含めて、棟方志功の藝業(げいごう)を多角的に紹介する。
また今回は、棟方志功と長きに渡っての友人であった、奈良県桜井市出身の文芸評論家 保田與重郎(1910-1981)に関係する作品も併せて出品。色紙や短冊、手紙の最後などに書き添えられていた保田の歌を棟方が板画にした《炫火頌(かぎろいしょう)》や、保田與重郎と棟方志功の記紀万葉歌碑の原書(桜井市教育委員会所蔵)など、本展ならではの作品を紹介する。
自らの作品を「板画」と称し、倭画や、油画、書なども手掛け、その全てを「藝業(げいごう)」と呼ぶ、棟方志功の世界を存分に堪能してほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:30、月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌平日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1200円(960円)、高校・大学生500円(400円)、小・中学生300円(240円)

※( )内は20名以上の団体料金。
※外国人観光客の方は、パスポートの提示により観覧料が無料になります。
※障害者手帳をお持ちの方(在住地は問いません)と介助者1名は無料です。
※その他割引制度がありますので、詳しくはお問い合わせください。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む