Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

3.11とアーティスト:10年目の想像

21/2/20(土)~21/5/9(日)

水戸芸術館現代美術ギャラリー

小森はるか+瀬尾夏美《二重のまち/交代地のうたを編む》2019 Haruka Komori+Natsumi Seo, Double layered town/Making a song to replace our positions, 2019 ©Komori Haruka + Seo Natsumi

2021年3月、東日本大震災から10年目を迎える。
当時自らも罹災し、臨時の避難所となった同館では、2012年に展覧会「3.11とアーティスト:進行形の記録」を開催した。同展では震災を受けてアーティストが行ったさまざまな活動を、芸術であるか否かを問わず、時間軸に沿って紹介した。大規模な災害を経験したばかりの頃、アートの意味や役割が問い直されるさなか、アーティストらがとった行動の大半は、支援と記録を主眼に置いたものだった。
あれから10年。アーティストたちは今や「作品」を通してあの厄災に応答している。
本展では「想像力の喚起」という芸術の本質に改めて着目し、東日本大震災がもはや「過去」となりつつある今、あの厄災と私たちをつなぎ直し、あのとき幼かった世代へ、10年目の私たちへ、そして後世へと語り継ごうとする作品群を紹介する。
なぜなら、東日本大震災が露わにした問題の一つは、私たちの「想像力の欠如」だったからだ。しかし、ものごとを想像する/させることは、そもそも芸術の重要な仕事の一つではなかっただろうか。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(5月3日(月・祝)は開館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般900円、団体(20名以上)700円

※高校生以下・70 歳以上、障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料。学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です。詳しくはお問合せください。
※一年間有効フリーパス → 「年間パス」2,000円は現在販売を中止しています
※学生とシニアのための特別割引デー「First Friday」→ 学生証をお持ちの方と65歳~69歳の方は、毎月第一金曜日(3月5日、4月2日、5月7日)100円
※3月11日は入場無料!東日本大震災を振り返るために、3月11日はどなたでも展覧会を無料で鑑賞いただけます。

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む