Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

B→C バッハからコンテンポラリーへ216 伊藤美香(ヴィオラ)

19/11/12(火)

東京オペラシティ リサイタルホール

これまで「多種多彩なヴィオラの世界」が繰り広げられてきたB→Cのステージ。そこにまた一人、新たな世界へと誘ってくれる逸材が登場!伊藤美香(いとう・はるか)は、ソロ、室内楽に加え、戦前から戦後まで幅広い時代に創作された、日本人作曲家の管弦楽曲を掘り起こし、さらに映画、特撮、アニメ音楽までも演奏する団体「オーケストラ・トリプティーク」の要として、貴重な音楽体験を提供しているヴィオリスト。

鈴木行一:響唱の森 ─ ヴィオラとピアノのために(2009/J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番 イ長調 BWV1015/マルティヌー:ヴィオラ・ソナタ(1955)/西村 朗:無伴奏ヴィオラ・ソナタ第3番「キメラ」(2017)/眞鍋理一郎:ヴィオラとピアノのための《長安早春賦》(1987/2009)/矢代秋雄:ヴィオラとピアノのためのソナタ(1949)

公演情報

ジャンル
器楽

未就学児童は入場不可。

料金

全席自由-3,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

アプリで読む