Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エッフェル塔のペンキ工、パリ 1953年

時代の証言者 マルク・リブー MARC RIBOUD 展

19/9/3(火)~19/10/27(日)

何必館・京都現代美術館

マルク・リブー(1923~2016)は、フランスに生まれ、1950年代から世界中で精力的な活動を続けた、現代を代表するフォトジャーナリスト。
写真家集団 「マグナム」の創始者、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロバート・キャパらの同志であり、50年代のアフリカ独立運動、60年代のベトナム戦争など激動の時代に立会い、西側の写真家として初めて中国の取材にも成功した。
その作品は、米紙「N.Yタイムズ」「ライフ」、英紙「タイムズ」、仏紙「フィガロ」、独誌「シュテルン」、日本の新聞・雑誌など、世界各国の紙面を飾ってきた。
彼は一貫して、自分から興味を持った場所を取材するために長期間滞在し、混沌とした現実から、ひとつの秩序ある瞬間を切り取ってきた。
本展では、マルク・リブーの1950年代から半世紀にわたり撮影された作品の中から厳選したオリジナルプリント約60点を展覧する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(ただし9月16日、23日、10月14日は開館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、学生800円

出品作家

アプリで読む