Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本イラン関係から見たイラン近現代建築

18/4/10(火)~18/5/6(日)

建築倉庫ミュージアム

イラン(ペルシャ)と日本の関係はシルクロードを介し古代から始まるが、建築・都市計画分野においては明治期から交流がスタートする。とりわけ20世紀後半のパハラヴィー国王時代は、日本から丹下健三氏、磯崎新氏を筆頭とする多くの建築家がこの国で仕事をこなした。一方、イラン人建築家の活躍も目覚ましく、2000年代に入って我国を始めとして多くの国で斬新なデザインを展開している。本展は、イスラーム革命(1979)を経た今日の視点から、世界で注目されつつあるイランの近現代建築を概観し、「テヘラン新都心計画」など日本人建築家のプロジェクトを含めて、同時代の図面資料や模型を集め展示するものである。

開催情報

ジャンル
美術館

11:00〜19:00(最終入館18:00)、月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

※GW期間中(4月28日~5月7日)は通常営業

料金

一般2000円、大学生・専門学校生1000円、高校生無料

※プレオープン期間(〜5月6日まで)の特別料金

出品作家

アーティスト
浜口陽三
アプリで読む