Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

西部戦線異状なし

第一次大戦中、ドイツ軍兵士として参戦して負傷し、戦場と病院を行き来した体験に基づいて書かれたレマルクの世界的ベストセラーの映画化。ドイツの小さな町の学校では戦争の話でもちきりだった。先生は生徒たちに愛国の精神を説き、それにのせられたポールら6人が出征志願する。しかし、現実の戦場は生易しいものではなかった。友人が次々と戦死するなか、白兵戦で敵の若い兵士を殺したポールは、休暇で故郷へ帰るが、暗たんたる気持ちだった。再び戦場へ戻ったが、飛んできた蝶々を捕ろうと体を乗り出した時、敵の銃弾に倒れてしまう……。静かな語り口ながら、戦争の悲惨さ、無意味さが胸に重く伝わってくる反戦映画。

アプリで読む