Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

奥田園子ソプラノリサイタル《生きているんだもの》

19/11/23(土)

大阪工業大学梅田キャンパス 常翔ホール

3年ぶりのリサイタルは、茶屋町にオープンした大阪工業大学梅田キャンパスの中にある「常翔ホール」で日本の歌の数々をお届けします。山田耕筰や滝廉太郎の名曲に加えるのは、中島晴子の「じゃがたら文」と、尾上和彦の「慟哭」・「生きているんだもの」の2つの歌曲集。山下千江、山田数子、相田みつをの詩集に味わい深いメロディが添えられたそれぞれの個性豊かな世界を味わって下さい。

山田耕筰:この道、待ちぼうけ、からたちの花(北原白秋 詩)/滝 廉太郎:荒城の月(土井晩翠 詩)/中島晴子:「じゃがたら文」-お春ゼロニマの生涯-1.少女の日 2.追放 3.結婚 4.望郷 5.手紙(山下千江 詩)/尾上和彦:歌曲集「慟哭」 1.逝った人は 2.めぐりめぐって 3.坊さんが来てさ 4.よその国から 5.花屋の前 6.からすがなきなき 7.食べさせてやりたい 8.風さん 風さん(山田数子 詩)歌曲集「生きているんだもの」 1.生きているんだもの 2.いのちの根 3.自分 4.出逢い(相田みつを 詩)

公演情報

ジャンル
声楽

未就学児童は入場不可。

料金

一般-3,500円

表示できるチケット情報はありません
詳しくはこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

ソプラノ

ピアノ:成 光恵

お問い合わせ

アプリで読む