Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

企画展 読み継がれた源氏物語

20/11/8(日)~20/12/13(日)

徳川美術館

『源氏物語』は、現代に至るまで千年にわたり読み継がれてきた古典の名作。その作者である紫式部による日記『紫式部日記』には『源氏物語』の成立に関わる場面が記されており、平安時代、一条天皇を中心とする宮廷生活のなかで、いかに『源氏物語』が生まれ、享受されたかがわかる。
『源氏物語』は、壮大な長編物語にもかかわらず、多くの人によって幾度となく書き写され、数多くの注釈書が著されるとともに、絵画化も図られた。後世の文学作品に多大な影響を与えたばかりでなく、和歌や能楽、茶道、香道といった日本文化にもその片鱗を見いだすことができる。
本展では、東京・五島美術館所蔵の国宝「紫式部日記絵巻」を特別公開するとともに、宮内庁三の丸尚蔵館や個人所蔵の源氏絵の名品を併せて展示し、日本が世界に誇る『源氏物語』の文化史をたどりつつ、その魅力を紐解く。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(11/23は開館、11/24は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1200円、高大生700円、小中生500円

※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

出品作家

ほか

お問い合わせ

アプリで読む