Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ミニ企画展 浮世絵モダーン 橋口五葉と伊東深水を中心に

21/6/30(水)~21/9/12(日)

町田市立国際版画美術館

橋口五葉 《髪梳ける女》  1920年、木版、43.9×32.5cm

7月10日から9月12日まで開催の「浮世絵風景画展」に出品の川瀬巴水(かわせ・はすい、1883-1957)と関連のある、橋口五葉(はしぐち・ごよう、1881-1921)と伊東深水(1898-1972)の版画を中心に紹介する。
二人は、大正から昭和前期にかけて、浮世絵版画とおなじように版元・画家・彫師・摺師が協同して制作出版する、「新版画」と呼ばれる多色摺木版画を制作した画家。その作品は浮世絵版画の伝統を継承しつつ、それを超克する表現を見せる近代の芸術作品として制作された。
本ミニ企画では、そのような新版画を「浮世絵モダーン」と称し、約40点展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(ただし8月9日(月・振休)は開館し、8月10日(火)は休館)

※土・日は17:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

無料

出品作家

ほか

アプリで読む