Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小林ドンゲ展 ファム・ファタル(妖婦)

19/11/2(土)~19/12/22(日)

佐倉市立美術館

小林ドンゲ(1926年~)は、戦後日本を代表する女流銅版画家の一人。
当初、画家を目指していた小林は1953(昭和28)年頃から、関野凖一郎(版画家)と駒井哲郎(銅版画家)に銅版画を教わり、作家活動を始める。
ドンゲという名は1954(昭和29)年 、知人の僧から贈られたもので、優曇華(うどんげ)という三千年に一度咲くという伝説の花に由来している。
文学や能への関心が高かった小林は堀口大學(詩人、仏文学者)と木村荘八(画家、随筆家)に師事、1957(昭和32)年には堀口から詩集『夕の虹』の挿画(銅版画)を任されるなど、その仕事は早くから高い評価を受ける。
その後も《モレラ》(1970年頃/チラシ表)など、文学作品に由来する謎めいた女性像を数多く描き、活躍を続ける。
本展では、初期から近作までの銅版画とその下絵、原版等を一堂に展覧、作家が人生をとおして追求してきた銅版画表現の魅力を伝える。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(11月4日は休日開館、11月5日は代休)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円(480円)、大学・高校生400円(320円)、中学生以下無料

※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※佐倉市在住のお中・小学生には、学校を通じて、同伴者1名の無料券付観覧パスポートを配布
※障害者手帳をお持ちの方は1階受付でご提示ください。ご本人とその介助者1名は無料
※11月16日(土)は、佐倉市教育の日・開館記念日につき、観覧料金無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む